2か月ぶりとなりますマーライオンです。
梅田営業所はおかげさまで大変忙しく、なかなか休めないほど皆様のお手伝いに全力を尽くしております

が、今回は堅苦しい話ではなく趣味のお話をします。
私のようなアラサ―に片足を突っ込んだ世代の趣味といえば読書・アニメ・ゲーム・映画・音楽といったところが無難でしょうか、私も例に漏れずゲームと音楽は好きです
最近だとゲームはCivilization6を用法・容量を守って適度に遊んでいたり、俗世間に疲れて牧場経営をしている農夫になりきったりして楽しんだりしています
音楽だとポストロックを聴いたりします。日本勢だと今年はmouse on the keysやnuitoのライブに行ったりしました。
他には海外ですがThistownneedsgunsが来春に来日し日本のLITEと共演するということでその日を楽しみにしているところです
実はもう一つ、ポストロック以上に好きな「シューゲイザー」という音楽ジャンルがあります
こちらシューゲイザーは主にMUFFの爆音と歪、ワウから強烈なフィードバックやノイズを生んで観客をステージに没頭させる音楽というジャンルです
ただ、シューゲイザーの持つ脳が溶けそうになる没入感は日頃の疲れた脳にとてもよく効くので私の日頃の癒しの日課となっています
今回は休めないあなたに、癒しとなりそうなシューゲイザーを2曲ご紹介します!(ダイマ)

・ride「dreams burn down」
・Lemon's_Chair「snaor」

Rideはシューゲイザーといえばこれ!の3つに入るようなUK出身の有名バンドで「dreams burn down」はそのデビューアルバムの一曲になります
この曲の背後にある情報量ふんだんに与えて脳を停止させていまうノイズとなにも考えられなくなった脳にこそ響く甘いメロディはまさにシューゲイザーのかたまり。この曲が持つ没入感はすさまじく聴き終ったあとは子供のころの楽しかった夢から覚めたような切ない感覚とともに現実と虚像の間にいるような浮遊感が残り、その余韻を保ったまま次の曲に入り込める川に浮かぶボートのような曲です。

対してLemon's_Chairは日本のバンドです。この「snaor」はソナー音のような音をギターでならし、その音を曲の約半分の時間を使って練って練って空間を仕上げていきます。その空間が仕上がったところで一気に鳴る轟音はもはや音というより圧。よく使われる真っ白なライトと相まって自分がどこにいて何をしているのかを忘れる感覚に陥ります。脳がその圧に慣れてきたころにやっと以前から流れていた轟音が耳に届き、自分が音楽を聴いていたことを思い出す。遅れてきたその感覚と共に感じるカタルシスはこれぞシューゲイザーという象徴的な一曲となっています。
どちらもこの冬によく合い、聴いている間は疲れや悩みを消し去るようなすばらしい曲ですので休めないあなたにぴったりだと思います。
どちらも長すぎない1曲ですので是非聞いていただきたいです(ダイマ)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://postmail.blog73.fc2.com/tb.php/223-6ef87096